09' «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 11'
--'--(--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment  trackback  top↑
03'28(Tue) もう1人の自分
脱・スランプのためのリハビリ小説。
可笑しな点もあると思いますが、軽くスルーしてやってください!死



アイツはいつも私の中に存在している。

私の心の中にいつも潜んでいて

いつも私のことを嘲笑っている。


アイツは私であって、私じゃない・・・
私はアイツであって、アイツじゃない・・・

そんな私と”アイツ”の関係・・・


”クスクス・・・”

遠くからか、近くからか、感覚がよく分からないところから小さな笑い声が聞こえてくる。
その不気味に耳についてはなれない笑い声が私の気分を悪くさせる。

・・・もう聞き飽きるほどこの笑い声はなれたはずなのに、未だにこの笑い声は私に不快な感覚しか与えない。

「・・・何笑ってんのよ・・・」

”クスクス・・・”

何度問いかけてもアイツは可笑しく笑っているだけ。
こいつは人を馬鹿にしすぎてる・・・

「・・・笑ってばっかいないで答えたらどうなのよ・・・」

”クスッ、あら・・・答えなんて必要ないでしょう・・・??”

そいつの姿は見えないけど、口元を吊り上げて薄気味悪く微笑んでいるのが手に取るようにわかる。

”私はあなたなんだから・・・”

「・・・」

”クスクスッ、あら、そんなに嫌がらなくてもいいんじゃない?
私達 一心同体 でしょう??”

「・・・」

こんなのが私の中にいると思うと気味が悪くなってくる。

「・・・気持ち悪い・・・」

”何が気持ち悪い・・・??”

「あんたが私ってのが・・・」

私のその一言でアイツの笑い声が更に高くなって、耳に痛いほど響いてくる。

”フフッ・・・・やっぱりアンタって筋金入りの馬鹿ぁ??”

「・・・」

”私の存在を嫌悪に感じるってことは、あんた自分自身のこともそう思ってる、ってこと”

そう・・・

腐っても 私はコイツ、コイツは私 なんだ・・・
それは解こうとしても解けない、強く結ばれた真実。

それを結んだのも私自身・・・

「・・・私は・・・自分が大っ嫌い・・・あんたの事以上に自分が大嫌い・・・」

自分が大嫌い・・・

そんな自己嫌悪の思いが私が自分自身を傷つけた。

その証拠が左手首の包帯の下に残る、この生々しい無数のカッターの切り傷

そして、私の心の中に潜むコイツの存在・・・

”・・・だから私が存在するんでしょう??
それに感謝しなさいね・・・あんたをレイプした男を殺してあげたのはあんたじゃない、この私なんだから・・・”

レイ・・・プ・・・??

「いやっ・・・・そのことは言わないで・・・っ!!」

その言葉を聞いただけで、あの光景がフラッシュバックして瞳に焼き付く。
全身に寒気が走り、冷や汗が止まらなくなって身体中が震え上がり、体温が失われて青ざめていく。

決して忘れられない許されはしない忌まわしいあの出来事。

誰にも言えない、自分だけが背負っている憎しみと憎悪。

心に刻まれた、癒えることのない深い傷・・・

コイツが生まれたのは 自己嫌悪 が元凶なら、自己嫌悪が生まれたのは 心に深く刻まれた傷 なんだ・・・

「・・・も・・・やめて・・・」

”クスクスッ、脅えてる脅えてる・・・私その顔嫌いじゃぁないわよ・・・??
むしろ大好き。”

・・・あぁ、人の恐怖をコイツはこんなにも面白がって喜んでいる・・・
コイツは悪魔だ・・・

そしてこの悪魔を生み出したのは・・・紛れもない、私だ。

”・・・ねぇ、私久々に外に出たいなぁ・・・”

「・・・なっ何言ってんのよ・・・!あんたがでてきたらまた・・・」

”クスクスッ、私はあんたよ??私の望んでることはあんたの望んでることっていつ理解してくれるの・・・??”

「・・・」

”あんたは自分を汚したあの男が殺したかった、だから私が生まれた・・・それが唯一の証拠よ・・・??”

確かにコイツの言う通り、私はあの男を心の底から半端なく怨み、憎んでいた。
そしてこの手を汚してまでも殺したいと思っていた。

その結果、コイツが生まれてあの男を殺してしまった。
・・・いいえ、殺してくれた・・・

コイツの望む事が私の望む事だとしたら。、私は あんなこと をしたかったの・・・??
それは今でも・・・??
それがいけないこと、許されないこと、恐怖に震える事だと分かっていてもコイツはそれを悦楽し、楽しんでいる。

なら・・・私もそうなの・・・??

「違う・・・私はそんなことは望んでない・・・っ、あんたが勝手に託けてるだけよ・・・」

”クスクスッ、恐怖で震えてるのね・・・でもね、私はあんたの汚くて醜い本心そのもの・・・”

「や・・・めて・・・」

ちがう・・・私は・・・そんな事・・・

アイツの嘲笑いう声を聞きながら意識が遠退いていくのを感じる。

遠退く意識の中、ぼんやりと薄笑いをする私と同じ顔のアイツが見えた・・・
私の意識はそこでぷつんと糸を切ったように 切れた。



「・・・」

鳥の囀りが耳を刺激して途切れさせていた意識を甦らせる。

重い瞼をゆっくりと開いても、目の前は未だにぼやけている。

・・・どれだけ眠っていたのだろう・・・
いや、どれだけアイツがオモテに出ていたんだろう・・・

手のひらにどろっとしたぬめりにも似た感触と生暖かいさを感じて、ぼやける瞳で自分の手のひらを見つめる。
幾度も見たことのある・・・この色は確か・・・

「・・・あ・・・あぁ・・・」

自分の手のひらに嫌って程こびり付いている赤い液体を目にし、はっきりと目が冴える。

これは夢だ、といって・・・

だけどこの感触だけは確かなもので、自分が今見ているのは幻覚なんかじゃないとは分かっている。
だけど人間って言うものは自分の犯したことを認めたくないと思ってしまうずるい生き物だ。

血は、自分の手のひらだけでなく、服にも夥しいほどに散乱していた。

いつもそう・・・
アイツがオモテに出る度、目が覚めた私は血塗れ。
それは自分の血じゃない、誰か別の人の血・・・

きっとまた人を殺したのよ・・・
だけどそれは私じゃない・・・アイツだってことも確信している。

これは私じゃない・・・アイツがしたことよ・・・
そう・・・私がこんな事望んだんじゃない、あいつが勝手にしたことよ・・・
あの男を殺したアイツが人を殺す感触に味を占めてしまってこんなことをしているだけで・・・
でも、アイツは私・・・

なぜだか自然と涙が零れ始める。
頬を伝う涙が手のひらの血と同じくらいに生暖かく感じられる。

「フッ・・・フフッ・・・キャハハハハハッ!!!」

私は涙を流しながら狂ったように笑い始める。

恐怖からくる震えなのか・・・はたまた、人を殺す感触を味わえなかった嘆きの涙なのか・・・血に塗れて人を殺したという現実に歓喜の笑みなのか


完全に血の赤色だけに支配された私には分からなかった・・・






他のオリジナル小説をご覧になりたい方は左のCATEGORY小説一覧からお入りくださいまし
(*´∀`*)ノ


http://pr3.cgiboy.com/S/4097416/
スポンサーサイト
comment:0  trackback:0  top↑
03'11(Sat) 読みきり:私の”人形”
・・・小さな頃、よくおじい様が買ってくれたフランス人形でよく遊んでいました。

おじい様の買ってくれた人形を気に入らなかったことなんてなかった。
可愛がってよく遊んであげたものです。

でも自分が大きくなるにつれ、人形とも遊ばなくなりました。

だけど15歳になってまでおじい様の買ってくださった”人形”を可愛がろうとは・・・


* * * * * * * * * 


玄関先でただいま。と少し掠れた低い声と扉が閉まる音が聞こえた。

その音を聞いた少女は端麗にウェーブがかけられた栗色の髪を揺らし、着ているドレスの裾を持ち上げて走っていく。

「お帰りなさいませ、おじい様!!・・・あら?どうなさったのです??
それは・・・」

「あぁ、アリア丁度いいとこに来たな・・・」

息を切らして玄関先にやってきた少女の瞳には、紳士らしく白い髭を伸ばした愛おしいおじい様と手を引かれている見知らぬ11・12歳くらいの小さな少年。

「なんですの、その少年は。」

少女―アリアは祖父の横にある小さな少年を指差して首を傾げ祖父に訪ねてみる。
少年を見る少女の瞳は物珍しさから好奇心で少し輝いて見える。

すると祖父はニッコリと笑って少年の頭を撫でました。

「あぁ、フランスのパリのとある店で買ったんだよ。アリア、お前の”人形”にと思って・・・」

祖父は横にいる少年の頭をくしゃくしゃっと少し乱暴に撫でる。
しかし少年の表情は何1つ変わらず。

「まぁ、おじい様?私はもう15歳ですのよ??人形などいりませんわ。」

不貞腐れて頬を膨らますアリアに祖父は、何が可笑しいのか突然声を上げて笑い出す。

アリアはそれがまた少し不快になって仕方なかくなり、いくら愛おしいおじい様であろうと内心苛立ちを覚える。

「アリア、コレは普通の人形じゃない、きっとお前も昔のように気に入るさ・・・それにお前が要らなくなれば捨てればいい。」

「・・・きっとすぐに飽きてしまいますわ・・・」

アリアはそう言うとバツの悪い顔をしてその少年を見る。
少年はアリアの視線に気付くも、アリアとは瞳を合わせずに強く真っ直ぐ前を見据えていた。

「まぁそんなに不貞腐れるな、折角私が買ってきてやった人形だ。
今日からこの子を可愛がって一緒に遊んであげなさい。」

祖父はそう言うと少年の背中を1押し、少年は祖父からアリアの元へと近づく。

そうしてアリアは半ば強引な祖父の言いつけ通りに少年を人形として、可愛がってあげることにした。

「さぁ、ここが私の部屋ですわ。お入りになって。」

アリアは少年を自分の部屋に通す。
少年はアリアの部屋に入るなり、部屋の中を嘗め回すように見る。

天井の真ん中には大きく綺麗に輝くシャンデリア。
最低でも5人の人間が寝れるようなキングサイズの赤いベッド。
床一面には大きな絨毯が敷かれたあった。

「・・・ちょっと、貴方。」

初めて見る豪華な貴族の部屋に魅入られていた少年はアリアの声でハッと我に返り、まん丸とした瞳で彼女の方を見る。

「・・・名前はなんと言いますの??」

「・・・ありません。」

アリアの問いかけに少年は淡々と口数少なく答える。
少年には愛想というものがないのか、にこりともしない。

アリアは少年の態度に少し嫌気が刺す。

「・・・そうね、身売りだったのよね?貴方・・・前の名前は?それくらい言えるでしょうに。」

「そんなものはありません・・・」

また同じような答え・・・
アリアは少年の顔を見ると大きく溜息を付く。

「しょうがありませんわね・・・なら、私が名前を付けて差し上げましょう。」

「・・・」

アリアの言葉に今まで無表情だった少年の顔が変わる。
・・・しかしそれはいい表情ではなかった。

アリアは視線を少年に向ける。

金色の艶のいい髪、くりっとした大きなエメラルドグリーンの瞳、綺麗に通った鼻筋、ほの赤く染まっている唇・・・

全体的に見れば、幼さが未だに残っている可愛らしい顔立ち・・・

「そうね・・・貴方の名前は・・・ベリー。とでもしておきましょう。」

「ベりー・・・??」

「ええ、貴方の顔は可愛らしくて甘い感じがするから・・・だからベリーで。」

「・・・有難う御座います。」

アリアの名付けた名前が少し気に入らないのか、先程ベリーとなった少年は少し邪険な顔をする。

しかし、不満は表情に出すが口には出さず。
ベリーはアリアに浅く一礼する。
アリアは名まで与えてやったというのに、どこか素っ気無いベリーにまた嫌気が刺す。

「何、素っ気無いのね・・・」

「・・・元々こういう性格ですから・・・」

ベリーはそう言うとアリアにもう1度お辞儀して部屋から出て行ってしまいう。
アリアはその姿を黙ってみていた。


それ日以来、アリアはベリーを自分のずっと側に着かせていました。

しかし、ベリーは懐いてくれるどころか、アリアに対する態度が日に日に憎たらしくなっていくばかり。
アリアはそのベリーの態度がストレスになっていく。
このままではヒステリーを起してしまうんじゃないかと考えるほどだった。

おともと忍耐力というのが小さなアリアにとって絶えてきた我慢も限界だった。
アリアは祖父の下へと乗り込んでいく。

「おじい様!!」

「おぉ、どうしたアリア。今日はお気に入りの人形とは一緒じゃないのか??」

「あんなのお気に入りじゃありませんわ!なんですの、主人に対するあの態度は!?!」

「なんだ・・・もう飽きたのか・・・」

「飽きたどころか・・・私がおじい様にもらった人形の那珂で1番最悪ですわ!!」

祖父はアリアの言葉に目を向けず、書類にペンをひたすら進み続けるだけ。

「私は人形らしくあの子を眠る時一緒のベッドで抱いて寝てあげているのにあの子ったら顔を真っ赤にして私を振り払うのですよ??
それにおめかしだって嫌がるし・・・今までの人形はなんの抵抗も無かったのに・・・」

「・・・そうか・・・なら捨てなさい。四股を八つ裂きにして心臓やはらわたの臓器という臓器、全てを抉り出してバラバラにして捨てなさい。」

アリアは祖父のお言葉に身体が凍り付いてしまうほどにゾッとした。
あの祖父からそんな残酷な言葉が聞けるだなんて夢にも思ってなかったのだろう。

アリアは祖父の言葉に汗が滲み出たのは初めてだった。

「・・・何を言ってらっしゃるの?おじい様・・・いくらなんでも、私はそんな残酷で惨たらしい事できませんわ・・・」

「本当に”捨てたい”と願うならできるはずだ。無理なら可愛がってあげなさい。」

祖父に文句を言いに行ったつもりが、逆にこっちがしっぺ返しを喰らわされたアリアは1人とぼとぼと部屋に戻っていく。

部屋の扉を開けてみるとそこには、窓から青白い月明かりに照らされながら、椅子に座ったベリーがアリアの方へと視線を凝らしていた。

「・・・あら・・・なんだか不気味ね・・・」

「・・・人形らしくって言ったのアンタ・・・主人だろ??」

まぁ、やっぱり生意気・・・
アリアはベリーを睨みつける。

「そうだったわね・・・まぁいいわ。そういえばコルセットがきついの、紐を解いてくださる・・・??」

「・・・それぐらい自分でしたら・・・??俺さ、仮にも”人形”であって、”下僕”じゃんねぇーんだから・・・」

ベリーは笑みを含んだ声をアリアに向ける。
アリアはそんなベリーに血が逆流しそうになるほど苛立ち、顔を赤くする。

「ほんと人形の癖に面白くないわね・・・おじい様のいうとおり八つ裂きにしてやればよかった・・・」

アリアの言葉にベリーは不敵な笑みを零す。

「へぇー・・・そう言われたの??じゃぁしたら??」

「・・・ごめんなさい、でも私は貴方のために手は汚したくないの。八つ裂きにするくらいなら元いた場所に返してあげましょうか・・・??」

また、アリアもベリーに向かって不敵な笑みを零す。

”元いた場所に返してあげましょうか・・・??”
その言葉を聞いたベリーは憎らしい笑みを見せなくなった。

「・・・それだけは止めろよ・・・」

「・・・は??」

「そんなことするくらいなら、俺八つ裂きにされたっていい、主人のアンタの命令もちゃんと聞く・・・夜のベッドの相手だってしてやるよ・・・」

そう言うベリーの顔は険しくなっていく。
アリアはそんなベリーに疑問を抱く。

「貴方、何言って・・・」

「生まれた時から裕福なアンタに何が分かるか!?!口減らしのために親に捨てられた哀しみ。
生きていくために物盗んだり、そこら辺の何人もの女と数え切れないほど寝て金貰ったり・・・そうしてるうちに自分が段々汚くなっていって・・・
死ぬより、またそっちの生活に戻る方が俺にとったら地獄なんだよ!!」

そう叫ぶベリーの瞳には涙が浮かび、手が震えていた。
あのときの生活の過酷さを思い出す。

家から追い出すように自分を捨てた親。

――自分1人で生きるために物を盗んでそれで食べてきた。
  盗みがバレ、捕まれば”泥棒”扱いされ、体罰を与えられる。
――そこら辺にいる貴婦人に自分を売って、ベッドに誘い込んで相手してそれで貰ったお金で生活に最低限必要なものを買った。

でもそうしているうちに自分自身が汚く見えてきて一時期精神的に病にかかって自分で命を絶とうとしたこともあった。

あんな地獄のようなヒビに戻るくらいなら、八つ裂きにされた方がマシだ。
そう考えるほどにベリーにとってあのときの生活が心の深い傷だった。


どれほどこの子は辛い思いをしてきたのだろう・・・しかし当然ながらアリアは知りえない。
ただ、震えるこの子を見て込み上げてくるものは・・・

「・・・フフッ、」

震えるベリーの傍らでアリアが突然小さく笑い出す。

「・・・何が可笑しいんだよ・・・」

ベリーは小さく小刻みに笑うアリアを鋭く睨みつける。

「・・・そうだったの・・・まだ幼い貴方が・・・確かにあなたの言う通り私にはその辛さなんて知りませんわ、大変な思いをしたのね・・・」

アリアは一歩一歩ベリーに近づき彼をそっと抱きしめる。
ベリーはアリアの行動に困惑する。

でも彼女に抱きしめられて今まで震えていた手が止まる。
ただ、彼女の真意が分からなかった。

「でも大丈夫、貴方は面白いのでちゃんとこれからも人形として可愛がってあげますわ・・・」

「・・・人の不幸話聞いて面白がるなんてタチ悪いな・・・アンタ。」

確かに。とアリアはもう1度クスッと小さく笑う。
ベリーはアリアの胸の中で眉を顰めさせてバツの悪い顔をする。

「知らなかった?隠れサディストなの。私・・・」

「・・・へぇ、やっぱりタチ悪い・・・」

「あの時のおじい様の言葉・・・八つ裂きとか聞いちゃって興奮して、ゾクゾクして汗まで滲んでしまいましたのよ??」

ただ、肉体的な苦痛を与えるのは嫌なの・・・アリアはそう呟く。
いくらサディストであろうとも八つ裂きだけは勘弁らしい。

「・・・ねぇ、お”人形”さん。私と面白いことして遊ばない??」

なんでもするんでしょ??
アリアはベリーの耳元でそっと呟く

「・・・何したい?”御主人様”」

あんな生活に戻るくらいなら・・・ね。
ベリーはアリアに再び不敵な笑みを見せる。
するとアリアはベリーの耳元で甘く囁く。

「そういえば丁度退屈だったの・・・ベッドの相手でもしてくれない?」

「・・・さぁどうしようか・・・」

「まぁ、貴方は私の”人形”でしょう?本当、生意気ね・・・」

だけど・・・



とても愛おしくて、可愛くて堪らない私のお気に入りの”人形”―――・・・






他のオリジナル小説をご覧になりたい方は左のCATEGORY小説一覧からお入りくださいまし
(*´∀`*)ノ


http://pr3.cgiboy.com/S/4097416/
comment:0  trackback:0  top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。