04' «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 06'
--'--(--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment  trackback  top↑
03'15(Wed) 不倫恋愛中毒依存症―プロローグ:裏
「”不倫”は許せない!!」という考えをお持ちの方・性的描写が苦手な方は閲覧を控えて下さい。
それでも大丈夫という方だけ反転してご覧になってください(*´∀`*)


俺自身、1人の女に執着したkことなんて1度たりともなかった。

女が俺の元を去っていっても、また違う女達が俺に近づいてくる。

そういう考えが定着してしまっていて数え切れないほどの色んな女と遊んできた。
なかには男がいる女だっていた。

いくら一緒に寝たからってその女を手に入れたいとは思わなかった。
むしろ幻滅。

―――ねぇ、今日は楽しかったよ。また一緒に遊ぼうね。

―――・・・は?何の約束??

―――何って、もう・・・分かってるくせにっ!

―――あぁー・・・俺簡単に脚開げる女に興味ないから。

―――・・・っ、最ッ低!!!

そうやっていくらだって女を傷つけてきた。
別にそいつがどうなろうが俺は興味なかったし、第一関係なかった。


だけど今は違う。

俺はただ1人の女の人を愛した。

ただ1人の女の人を自分のモノにしたい。

その欲望だけが俺を侵していく・・・

彼女だけが俺の身体も心も満たしていく――・・・


* * * * * * * 


「ぁ・・・ッ・・・」

彼女は俺自身を身体の中へと受け入れていく。

俺が彼女の身体に自身を進めていく度に、彼女の頬が更に紅潮させられていき、赤い唇から甘い声を漏らす。

彼女が俺を感じてくれているのだと考えると、そんなにも嬉しくなってしまうのは可笑しいのだろうか・・・?

俺は思った以上に相当彼女にご執心らしい・・・

「んっ・・・あぁん・・・」

彼女は俺に揺さぶられて淫らに乱れていく。

彼女の甘い喘ぎ声が俺の耳を刺激する。
決して彼女との行為は”初めて”というわけではないが、聞く度に彼女を鳴かせているのが俺だ、と考えると少し頬が赤くなっていく。

すると今まで強く瞳を瞑っていた彼女がうっすらと瞼を開いていく。
開いた瞳は少し潤んでいて、それが魅力的に見えてつい視線を逸らせなくなる。

彼女の茶色がかった大きな瞳に大きく自分の顔が映りこんでいる。
彼女の瞳に映る自分の顔が赤く染まっているのに気付くと、彼女の瞳から視線を逸らしてしまった。

それでも彼女は潤んだ瞳で俺を見つめていた。


――時々彼女の瞳を見て思う。

彼女の瞳に映っているのは・・・俺??

ちゃんと俺を見てくれてる??

ちゃんと”俺”として感じてくれてる??


彼女は他の男の妻だ。

そしてその男との間に子供もいる。

俺はそれでも彼女を愛している。

それには嘘偽りなんてものはない。

・・・だけど、不安に陥る。

その瞳は・・・俺じゃなくて、旦那が映ってるんじゃないか??

俺に旦那を重ねてるんじゃないか・・・??

そう自分勝手な考えを持つと、俺が悔しくなってくる。
自信が喪失していく・・・

「・・・ねぇ、雪姫さん。・・・目の前にいるの・・・誰??」

・・・自分でも何言ってるんだ、と馬鹿らしくなってきた。
深く愛している。だからこそその分不安だって大きいんだ。

すると彼女が俺の首に腕を回して、少し微笑む。

「・・・迂、響くっ・・・」

彼女が荒い息を絡めながら俺の名前を呟く。
俺はそれが妙に嬉しくなって、更に強く彼女を乱れさせ、彼女の喘ぐ声は甲高くなる。

「・・・ねぇ、もっと俺の名前呼んでよ・・・」

俺は彼女の大きな瞳から生理的に出てきている涙を指で拭ってやりながら、彼女に微笑みかける。

「・・・んんっ、あぁあ・・・!・・・迂響っ・・・君・・・」

彼女は頬を紅潮させながら、俺の言葉に答えるように甲高い声で何度も俺の名前を呼ぶ。

俺はやっぱり彼女に侵されてしまっているらしい。
名前を呼ばれるだけで幸せな気分になってしまう。

彼女の奥を突いたのか、彼女は身体をビクつかせて悲鳴にも似た声を上げる。

「・・・ね、迂響っ君・・・」

彼女はそう言うと俺の頬に手を添えてくる。
頬から伝わる彼女の指先が熱く感じた。

「もう・・・迂響く・・・しかっ、見えない・・・」

「・・・っ、雪姫・・・!!!」

雪姫の言葉が俺を満たしていく。

雪姫の言葉だけが俺の胸を熱くさせる。

俺は感極まって、雪姫の唇に自分の唇を重ねる。
それはすぐに深いものになっていき、互いの舌が貪り絡み合う。

キスの合間に零れる彼女の吐息が心地良く感じた・・・


・・・なぁ、雪姫さん。

俺、やっぱり貴方なしじゃいられないみたいだ・・・

貴方が俺を愛してくれているなら、

俺はもっと貴方を愛するよ。

多分、こんなに恋焦がれる想いをしたのは貴方が初めてだ。

でも、この恋は本来許されるものじゃねぇよな??

きっと神サマはきっと俺等を許してくれない。

いつか罰が下る。

周りを犠牲にしてまでも突き通す愛なんて綺麗なもんじゃないし?

・・・でも、それでもいい。

罰が下ってもいい、綺麗じゃなくても俺にとっては綺麗なもんだから。

だから・・・


一緒に堕ちるとこまで堕ちていこう

貴方を愛してるから・・・






他のオリジナル小説をご覧になりたい方は左のCATEGORY小説一覧からお入りくださいまし
(*´∀`*)ノ


http://pr3.cgiboy.com/S/4097416/
スポンサーサイト
comment:0  trackback:0  top↑
03'14(Tue) 不倫恋愛中毒依存症―プロローグ前
「”不倫”は許せない!!」という考えをお持ちの方は閲覧を控えて下さい。
それでも大丈夫という方だけ反転してご覧になってください(*´∀`*)

背徳感や罪悪感なんてものは感じない。

――ただあるのは激しく燃え上がる愛だけ・・・

周りから見れば、それは汚らわしい恋愛かもしれない。

それは自分勝手な恋愛かもしれない。

だけどこの愛は止められない・・・


* * * * * * * * 


ここを踏み入れてはいけない・・・

また罪を犯してしまう。

また想いが止められなくなってしまう。

だけど彼に会いたい

彼に触れて、触れて欲しい

私を深く愛して欲しい

そう願う私は罪な人間・・・
それを止められない私にはいつか罰が下る

「・・・雪姫さん。」

彼が私の名前を呼ぶ。
その甘い声が私の頭を刺激させる。

会いたかった。

その想いが私の胸を熱くさせる。
つい最近だって会ったのに、メールだって毎日してるのに

彼とは随分会ってなかったような錯覚に陥る。

私は彼なしじゃいられない。
中毒者なのかも知れない・・・

「迂響君・・・」

彼に本能を刺激されたのか・・・
私は彼の胸をそっと抱きしめる。

「・・・今まで寂しかった??」

彼の言葉に頬を赤らめてただ1度だけ頷く。
すると彼は私の頭を優しく撫でてくれる。

その彼の手が優しくて温かくて少し安らぐ。

「・・・雪姫さんって甘えん坊で寂しがり屋なんだね。」

彼はそう言うとニッコリとした笑みを向けてくる。
彼の笑みは可愛らしくて好き。

彼の全てが・・・好き。

彼の全てだけが私の脳を犯していく。

「寂しかった・・・」

私はそう言うと彼から少し身体を離して自分の着ていたワンピースをゆっくりと脱ぎ捨てる。

早く彼に触れて欲しい。

早く彼に寂しさで開いた心の隙間を埋めて欲しい。

早く彼を身体で感じたい・・・

彼に対する欲望が私を蝕んでいく。
こうなったのも貴方のせいなのよ・・・??

「・・・もうするの・・・?」

急かす私に彼が首を傾げる。

彼の意地悪な言葉にもう1度頷くと、彼は私をひょいっと抱き上げてベッドへと運んでいく。
そしてベッドの上に寝かされた私の上に彼が覆いかぶさってくる。

―――早く私をめちゃくちゃにして・・・??

「・・・こんな罪深いことしてたらいつかは俺達堕ちていくかもな・・・」

彼はそう言うと冗談っぽくクスッと小さく笑う。

背徳感や罪悪感は捨てた、だけどその言葉を聞くと哀しくなる。

―――・・・そんなに私達が愛し合っていることは罪なの??

そう思うと胸が締め付けられるほどに哀しくなっていく。

「・・・ねぇ、そんな哀しい事・・・言わないで・・・」

不安で満ちた私の顔を見た彼は微笑み、私の額に唇を落とす。

「大丈夫・・・俺、雪姫さんとだったらどこへだって堕ちてってやるよ・・・」

その言葉を聞いた私は嬉しさが胸に込み上げてl来る。

―――こんなに幸せなことがあっていいの・・・??

私は彼に微笑むと彼の唇を求めた。


・・・神様――

私は家庭のある女です。

でも旦那と娘に対する背徳感や罪悪感は捨てて、

まだ未来のあつ高校生の彼と深く愛し合っています。

こんな私は罪深い人間です。

許して欲しい。なんてことは言いません。

だけど・・・

このまま彼に恋させてください。


そう願う私は罪な人間ですか・・・??






他のオリジナル小説をご覧になりたい方は左のCATEGORY小説一覧からお入りくださいまし
(*´∀`*)ノ


http://pr3.cgiboy.com/S/4097416/
comment:2  trackback:0  top↑
03'13(Mon) 不倫恋愛中毒依存症:キャラ設定
禁断の恋・・・だけど止められない愛――・・・

*白樹 雪姫:シラノキ ユキ【26歳・3月3日生まれ・B型】158cm
”美貌の若奥さん。”として巷で有名な25歳主婦。
34歳の大企業の重役の夫と小学1年の娘1人と3人家族。旧姓”荒城”
よく学生と間違えられ、良く言えば不老・悪く言えば童顔。
性格はいたって天然・マイペース・おっとりなためか、よくドジったりする時も。
裕福な家庭も若さも美貌も全て兼ね備えた彼女は、主婦の憧れの存在。
しかし密かに夫との愛のない夫婦生活に嫌気が刺している。
迂響とは秘密な激情的な恋愛をしている。
「迂響君っ、私・・・迂響君と一緒にいるときが1番大好きなの・・・」

*黒咲 迂響:クロサキ ウキョウ【16歳・11月18日生まれ・AB型】181cm
巷で有名な美形高校生。女子からかなりの人気がありハーレム状態。
女子に餓えた事はなく、一定の女子と交際しても長続きはしない。
最近生活に退屈し、マンネリ化していて刺激を求めていた。
金持ちの家だが、とある理由で両親に勘当され、高級マンションで1人暮らし。
不良に絡まれた雪姫を助けてからというもの、雪姫に執心し始める。
雪姫とのスリルな不倫恋愛を楽しんでいる模様。
「誰かの妻?そんなの関係ねぇーよ、俺は一途に雪姫を愛してるからな・・・」

*白樹 愁也:シラノキ シュウヤ【33歳・5月14日生まれ・A型】179cm
雪姫の夫で大企業の重役をしている。
世間体を気にして、雪姫とは愛のない見合い結婚をした。
クールな性格とルックスの良さで社内のOLからかなり人気が高い。
家族よりも仕事大事人間。
雪姫に対する愛情は昔から薄いが、子供に対する愛情はある。
元カノとは微妙な関係。
「何事も世間体が重要だろ??それをお前は・・・」

*白樹 有紗:シラノキ アリサ【6歳・4月4日生まれ・A型】132㎝
少し冷めた小学1年生。
パパ大好き、ママ大っ嫌いというかムカついている?
迂響に惚れる。歳の割には大人っぽい考えを持つおませさん。
好きな人の前と嫌いな人の前での態度は180度違うのが玉にキズ。
「ちょっと、ママ!!有紗ピーマン嫌いだから入れないでって言ったじゃん!!」

*阪中 万希:サカナカ マキ【17歳・9月22日生まれ・O型】162㎝
迂響が大好きな今時の女の子。
ぶっちゃけ迂響に遊ばれていただけだったが、本人は正式な交際だと勘違い。
迂響といい感じの雪姫に嫉妬。
「ちょっと、迂響は私のモノなんだから誑かしたりしないでくれる??」

*明楽 雅斗:アキラ マサト【17歳・1月10日・A型】175cm
迂響の唯一とも言える親友。
迂響の事を”響”と呼ぶ。人付き合いが上手く、友達も多い。
雪姫に惚れるも迂響の彼女であると知り断念。
人妻好きなため、持っているAVビデオも人妻シリーズ。
「へぇー・・・響と付き合って長続きした女なんていないのによく続いてるね。」

*荒城 都姫:アラキ ツキ【27歳・6月29日・B型】169㎝
有名大物女優。
実は雪姫の姉で、元愁也の見合い相手。
親の強制的な見合いに嫌気が刺して夢だった女優を目指すためもあって家出。
しかし、自分の見合い放棄で代わりに雪姫が見合い結婚させられた事に苦しむ。
いわゆるシスコンで雪姫とは仲良しで大切にしているつもり。
「・・・雪姫ごめんなさい・・・私のせいでこんな愛のない結婚させて・・・」
comment:0  trackback:0  top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。