07' «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 09'
--'--(--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment  trackback  top↑
■コメント投稿フォーム


SUBJ 
NAME 
BLOG/HP 
PASS 
SERCLET[秘信の際はチェックBOXをONにしてね] 
OK? 
■エントリーNo.「スポンサーサイト」のトラックバックアドレス
  http://mi1107.blog17.fc2.com/tb.php/144-723dd438
12'31(Sat) 私の可愛い彼氏・彼女②―5
憂妃と付き合ってそんなに時間はたっていないけど・・・
俺は憂妃といられるだけで幸せを感じられていた。
それは憂妃も一緒だと思っていた

俺は憂妃に

「”愛してる”って言って」

て言われた。
そう言えば俺は憂妃に1度もそういう愛の言葉を言ったことがない。
そんな言葉がなくても愛してるって伝わってるって思ったから。
そんな言葉を通さなくても愛している事は事実だったから。

「・・・・・・いっ言えるわけないだろう!!それに「愛してる」って言葉は数少なく言って貴重な言葉になる方が愛の重みってモンがあるだろう!!」

って言ってしまったけど・・・

俺はずっと2人幸せでいられるかと思っていた。

幸せすぎて気付いていなかったのかもしれない・・・




あの言葉が俺達の関係に微妙な変化を起こすだなんて思ってもみなかった。





他のオリジナル小説をご覧になりたい方は左のCATEGORY小説一覧からお入りくださいまし
(*´∀`*)ノ
スポンサーサイト
comment:0  trackback:0  top↑
■コメント投稿フォーム


SUBJ 
NAME 
BLOG/HP 
PASS 
SERCLET[秘信の際はチェックBOXをONにしてね] 
OK? 
■エントリーNo.144「私の可愛い彼氏・彼女②―5」のトラックバックアドレス
  http://mi1107.blog17.fc2.com/tb.php/144-723dd438
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。