05' «  123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 07'
--'--(--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment  trackback  top↑
■コメント投稿フォーム


SUBJ 
NAME 
BLOG/HP 
PASS 
SERCLET[秘信の際はチェックBOXをONにしてね] 
OK? 

[131] 【masa104サン*】 URL EDIT  top↑

いやぁいい詩書きますねw
最近ブランクというか、最初からだめだめなんですが、なんか凄い刺激うけました!
こんな詩かけるようになりたいなぁw
■エントリーNo.「スポンサーサイト」のトラックバックアドレス
  http://mi1107.blog17.fc2.com/tb.php/154-8a325179
01'08(Sun) 手の温もり
2人して離れないようにして繋いでいた手

繋いだ手から感じる貴方の体温が心地よかった

このままずっとこうしていられたら・・・

と思うのはわたしだけ??

ここで2人の分かれ道がきた

そして2人手を

離した

「「さよなら」」

手を離した瞬間、2人同じ言葉が重なって静かに微笑んだ

1人ぼっちになった掌がやけに寂しくて冷たい

頬を伝う涙さえも冷たかった

まだこの手には貴方の手の温もりが残っている

もう1度・・・

と、貴方の手を求めて震え始めた

だけど1度離した手を繋ぎなおすことは難しいの

だからこのまま「さよなら」

もう貴方に会うこともないし

手の暖かさも感じることはないだろうけど

私は貴方の今も残る手の温もりは忘れない

「さよなら・・・」

それは寒い冬のことだった






他のオリジナル小説をご覧になりたい方は左のCATEGORY小説一覧からお入りくださいまし
(*´∀`*)ノ
スポンサーサイト
comment:1  trackback:0  top↑
■コメント投稿フォーム


SUBJ 
NAME 
BLOG/HP 
PASS 
SERCLET[秘信の際はチェックBOXをONにしてね] 
OK? 

[131] 【masa104サン*】 URL EDIT  top↑

いやぁいい詩書きますねw
最近ブランクというか、最初からだめだめなんですが、なんか凄い刺激うけました!
こんな詩かけるようになりたいなぁw
■エントリーNo.154「手の温もり」のトラックバックアドレス
  http://mi1107.blog17.fc2.com/tb.php/154-8a325179
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。