05' «  123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 07'
--'--(--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment  trackback  top↑
■コメント投稿フォーム


SUBJ 
NAME 
BLOG/HP 
PASS 
SERCLET[秘信の際はチェックBOXをONにしてね] 
OK? 

[245] 管理人のみ閲覧できます【-サン*】  EDIT  top↑

このコメントは管理人のみ閲覧できます
■エントリーNo.「スポンサーサイト」のトラックバックアドレス
  http://mi1107.blog17.fc2.com/tb.php/188-9e1a6d25
01'29(Sun) In Despair―5
「・・・どうも外は寒いな・・・」

瀬名は少しほくそ笑みながら灰色の空を見る。
季節はもう春から夏に変わろうとしているが、肌を掠める風が冷たく感じる。

空を見上げていた瀬名は視線を横の方へと向ける

瀬名の視界には、荒れ果てた地に佇む鉄骨が剥き出しになっているいくつかの廃墟。
時々そこに何者かに殺されたのか、はたまた自殺者なのか人間の死体が転がっている。
それが腐食していたりすれば死臭が漂っていて気分さえも悪くなる。

だが瀬名にとってはいつものようなことだった。

「・・・どこまで腐っていくんだろうね、この世界・・・」

瀬名はそう呟くと冷たく微笑み、1本に続いていく道を踏みしめていった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「・・・いまさらこんな所に呼び出してなんのようだ。しかも寝ていたんじゃないのか・・・??」

薄暗い部屋の中、瀬紫亜は目の前にいるローブを被っている人物を鋭く睨みつける。

瀬紫亜の視線の先に居るローブを被っている人物は瀬紫亜の顔を見ると可笑しそうに笑い声をあげる。

「俺がお前を呼び出すなんて他にあるか・・・??」

「・・・」

「仕事だ。お陰で目が覚めちまった。」

ローブを被った人物はそう言うと、ローブの下からファイルを取り出し、それを瀬紫亜に投げ付ける。
瀬紫亜は投げられたファイルをパシッと掌で軽く受け取る。

「・・・そのファイルの色の意味わかるだろ??」

ローブを被った人物はそう言うとローブから見える口元の端を上げる。
瀬紫亜はローブの人物の言葉を聞くと、ファイルを見つめる。

受け取ったファイルの色は黒色だった。

「・・・黒色のファイル(ブラックリスト)か・・・」

瀬紫亜はそう言うと口元に笑みを浮かべる。

「・・・あぁ、だから今渡した奴は必ず殺せ。失敗は許されねえぜ??」

「また裏切られたのか・・・」

瀬紫亜はそう言うと馬鹿げたようにローブを被っている人物を見る。
瀬紫亜の視線の先の人物はすっかり黙り込んでしまっている。

「・・・まぁそんな事はどうでもいい。私は人間が殺せれば、事情なんてどうでもいい・・・」

「あぁ頼む、瀬紫亜。」

「今から楽しみだ・・・」

そう言った瀬紫亜は歓喜と狂気を孕んだ瞳で前だけをを見据えていた。







他のオリジナル小説をご覧になりたい方は左のCATEGORY小説一覧からお入りくださいまし
(*´∀`*)ノ


http://pr3.cgiboy.com/S/4097416/
スポンサーサイト
comment:1  trackback:0  top↑
■コメント投稿フォーム


SUBJ 
NAME 
BLOG/HP 
PASS 
SERCLET[秘信の際はチェックBOXをONにしてね] 
OK? 

[245] 管理人のみ閲覧できます【-サン*】  EDIT  top↑

このコメントは管理人のみ閲覧できます
■エントリーNo.188「In Despair―5」のトラックバックアドレス
  http://mi1107.blog17.fc2.com/tb.php/188-9e1a6d25
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。