07' «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 09'
--'--(--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment  trackback  top↑
■コメント投稿フォーム


SUBJ 
NAME 
BLOG/HP 
PASS 
SERCLET[秘信の際はチェックBOXをONにしてね] 
OK? 
■エントリーNo.「スポンサーサイト」のトラックバックアドレス
  http://mi1107.blog17.fc2.com/tb.php/235-f4ad597c
02'26(Sun) 悲恋歌②―11
優駿は無我夢中で走っていた。
心臓が大きな音を立てて脈打って、息を切らしていた。

少し苦しい・・・

だが、今の優駿にはそんな事関係なかった。
一刻も早く澪夜に会いたかった。

会って・・・抱き寄せたい

「っ、澪夜・・・!!」

澪夜の部屋の前までやっと辿り着いた優駿は、勢いよく部屋の襖を開ける。

襖を開けた優駿の目に飛び込んできたのは、部屋の片隅で抜け殻のようにしゃがみこんでいる澪夜と、澪夜の回りに無数に散らかっている薬の残骸だった。

優駿は開けた襖を閉めると、澪夜の元へと歩み寄り、澪夜の両肩に掴む。

「澪夜・・・」

「・・・優駿・・・様・・・??」

優駿の一声かけると、澪夜は顔をゆっくりと上げ、自分がいっぱいに映っている優駿の瞳を見つめる。

すると澪夜の大きな瞳が涙で潤み始める。

「・・・ッいや・・・私に触らないでくださいませ・・・っ」

澪夜は自分の両肩にある優駿の手を振り払うも、また優駿に掴まれてしまう。

「・・・どうして・・・??」

優駿の問いかけに澪夜は唇を噛み締めて顔を伏せる。

「・・・私・・・優駿様が何よりも愛おしく思っております・・・」

そう言う澪夜の声は震えていた。
優駿はその言葉に思わず、澪夜を自分の腕の中に抱き寄せる。

「・・・でも・・・他の男性に抱かれました・・・」

「・・・うん・・・」

優駿はそう言って、悲しそうな顔で頷くと、更に強い力で澪夜を抱きしめる。

「・・・私はできるならば優駿様以外の人には抱かれたくなかった・・・だけど・・・私は遊女の身の上、そうされるしか・・・」

澪夜は縋り付くように優駿の腕を握る。
優駿の腕から、澪夜の震えが伝わってくる。

「こんな私は汚いです・・・誰よりもこんなに美しくて綺麗な貴方には相応しくないの・・・」

「澪夜・・・」

澪夜の掠れた声に重なるように優駿が一言呟く。

「・・・澪夜が他の男に抱かれたというなら、僕はその分たくさん君を愛するよ・・・」

優駿の言葉に澪夜は顔を上げて、優駿を見つめる。
澪夜の瞳に映る優駿は優しく微笑んでいた。

「・・・他の男性に抱かれて汚くなってしまっていても・・・私の事、愛してくださるの・・・??」

澪夜の大きな黒い瞳には涙が溢れ出して、頬へと零れ落ちていく。
優駿はそれを指で拭ってやる。

「・・・あぁ、俺は澪夜を愛しているから・・・どんなことがあろうと澪夜を1番に愛せるよ・・・それにね・・・」

優駿はそう言うと澪夜の頬に優しく口付ける。

「君は汚くなんかないよ・・・こんなに誰よりも綺麗で美しい顔をしている・・・」

優駿は澪夜の両方に手を添えて、澪夜の額に自分の額を合わせる。
すると澪夜は震えた指先で優駿の唇をなぞる。

「・・・優駿様は本当に・・・お優しいのですね・・・私には勿体無い程に綺麗で・・・輝いていて・・・」

澪夜はそう言うと少しぎこちなく微笑む。

すると優駿は自分の唇に触れている澪夜の指を掴むと、そっと澪夜との距離を縮めると唇を重ねる。

それはとても短いものだった。

だけど2人はそれでも良かった。

「・・・優駿様・・・」

唇を解放された澪夜は未だに瞳を潤ませながら、優駿に微笑む。

「たくさん、愛してください・・・」

「・・・あぁ・・・」

そう言うと2人はまた唇を重ね合う。


先程のものよりも、甘く、深く、愛おしく・・・






他のオリジナル小説をご覧になりたい方は左のCATEGORY小説一覧からお入りくださいまし
(*´∀`*)ノ


http://pr3.cgiboy.com/S/4097416/
スポンサーサイト
comment:0  trackback:0  top↑
■コメント投稿フォーム


SUBJ 
NAME 
BLOG/HP 
PASS 
SERCLET[秘信の際はチェックBOXをONにしてね] 
OK? 
■エントリーNo.235「悲恋歌②―11」のトラックバックアドレス
  http://mi1107.blog17.fc2.com/tb.php/235-f4ad597c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。