09' «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 11'
--'--(--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment  trackback  top↑
■コメント投稿フォーム


SUBJ 
NAME 
BLOG/HP 
PASS 
SERCLET[秘信の際はチェックBOXをONにしてね] 
OK? 
■エントリーNo.「スポンサーサイト」のトラックバックアドレス
  http://mi1107.blog17.fc2.com/tb.php/277-d5fa95fa
03'23(Thu) 不倫恋愛中毒依存症①―3
※”不倫”という言葉に嫌気を指す方・”性的描写””下ネタ”がありますので苦手な方は閲覧を控えてください。
それでも大丈夫というお方だけ反転してご覧下さいませ(*´∀`*)



今まで人生なんか退屈でつまらなかった。

どんだけ女と寝ても、ケンカ三昧やってもやっぱり変わることのない死んだような毎日。

だけど・・・

貴方が俺の前に現れたことによって、俺の人生が変わっていくんだ・・・


* * * * * * * * 


「ん・・・あぁあ!!」

五月蝿いほど耳に響く女の喘ぎ声と乱れた熱い吐息。
・・・実際、この女をこうさせているのは俺だけど・・・

「・・・ふっ・・・んあぁ、迂っ響・・・もっとぉ・・・っ!!」

彼女はそう叫び声のも似た声を上げると、すごい勢いで俺に抱きついてくる。
妙にそれが正直息苦しくて挿し込む前からしんどくなってくるんですけど・・・


女っていっつもそうだよな。


向こうから誘ってきたからちょっとそれに乗ってやっただけで快楽に溺れきって、激しく求めてくる。
俺は、暇潰しに女を抱いてるだけだから正直こういうのは勘弁。

それにほとんどの女が俺と寝ただけで”俺の彼女”を願ってくる。

俺にはその気はなくて、はっきりと相手が求めているものは俺には重過ぎると何回も捨てて、何回も泣かせた。

別に女を傷つけたことに罪悪感はない。
向こうが勝手に勘違いしてただけの事だから、別に俺に責任はない。
そういう考え。

そういえば、抱いた女が他の男の彼女だったりもして、何度もケンカになったこともある。
・・・まぁ最終的には俺が勝つんだけど・・・

別に自慢にしてるわけじゃないけどケンカで負けた事は1度もない。


あくまでも俺の中の女は”暇潰し”であって、”特別”なんかないんだから・・・

この時の俺はそういう冷めた考えしかない最低な男だった。



「・・・アンタ面白くないね・・・」

「・・・ふぇ・・・??」

俺の言葉に女が俺に密着させていた身体を離し、俺の顔を見つめてあからさまに頭に?のマークを浮かべてた。

「・・・ねぇ、俺にされるがままにされちゃってて面白くないの??」

「え・・・何言って・・・??」

「俺もうヤる気なくなったから教室に戻るわ。」

俺は自分の膝の上に跨っている女を退かすと、乱れた制服を直す。
女が俺を見てただポカーンと間抜けな表情をしてる。

今のその表情の方が、ヤってる時の表情よりもちょっと面白いかも・・・

「ちょっと・・・何言ってんの!?それに今更どうして止めるのよ・・・!!」

今まで間抜けた表情を浮かべていた女の顔が急に一変、困った顔をさせて俺を必死に引き止めようとしている。

「・・・どうしてって・・・アンタとのSEXが面白くなかったからに決まってるじゃん・・・」

「・・・っ!?!」

頬に衝撃が走った。

後からそこが熱くなってきて痛みを感じ出す。
女が・・・俺を打った、それくらいは理解できる。

「・・・っ、アンタって最っっ低!!」

俺を打った女は少し涙で潤んだ瞳で俺をきつく睨んでいた。
その表情を見たところで彼女に対しての罪悪感なんて生まれない。

何も感じない。

打たれた事に腹立たしいとも思わない。
何も感じない、そんな俺ってやっぱり可笑しい??

「アンタだって俺がそう言う男だって分かってて誘ってきたんじゃないの??」

俺の言葉に俺を睨んでいる女はハッとした顔をして無言のまま俯いてしまう。
・・・ほら、図星。
分かってんなら最初っから俺の事求めなくてもよかったのに・・・

「・・・まぁ、制服直しなよ。」

俺は去り際の挨拶もせずに彼女の元から去っていく。
ふいに彼女の声が聞こえたような気がしたけど、振り返ることはせずにそのまま階段を下りていく。

やっぱり女はみんな一緒だ。
”特別”や”愛おしい”と思える女なんていない・・・

もし、いたとしてもそれは奇跡に近いことだな・・・

俺ってこんなことしてながら結構女嫌いだったりして。
なんかそれも在り得ないわけもないけど・・・いや、多分簡単に足広げる女ばっかり見てきてるから見下してしまってるだけなのかも・・・

そう考えると余計に、いつか自分が真剣に愛せる女が現れることすら怪しく感じてしまう。


何階もの階段を下りて、しばらく廊下を歩いていると自分の教室が見えてくる。
教室までまだ少し距離があるというのに、騒ぎ声が耳に入ってくる。
自分の距離が教室に近づくほどその騒ぎ声が更に大きく聞こえてくる。

教室の前までくれば、賑やかというより五月蝿い・・・
俺は同級生が賑わう教室のドアを開き、中に入る。

「あっ!きたきた!!おーーーい、響ーー!!」

教室に入ると、五月蝿い同級生達の中で自分を呼ぶ声が聞こえて、声がした方に視線を移すと、笑顔で俺に思いっきり手を振っている1人の男子が嫌ってほど視界に入る。

俺は、笑顔で手を振る男子の元へと歩み寄っていく。

「・・・よぉ、元気してたか?明良雅斗君。」

「はいはい、黒咲迂響君・・・って君~、こんな早々から授業サボってまた屋上プレイでも楽しんでいたんですか??」

・・・なんで知ってんだよ・・・
俺は嫌みったらしく俺に笑顔を見せに来る親友―明良雅斗に心のない笑みを向ける。

その笑みが引きつってるのが自分でも分かる。

「あぁー・・・その顔がドンピシャだろー!?」

「・・・さぁ・・・」

「またまたはぐらかしてー、オレ等小学校からの付き合いでしょ??」

ちっ・・・こいつの笑顔がこんなにも憎たらしいと思ったのは23206回目だ。
なんかやたらムカムカするから一応頬でも抓ってやろう・・・

「いしゃっ!しゃめろほ!!めっしゃいしゃいっへの~!!(痛っ!やめろよ!!めっさ痛いっての~!!)」

「・・・うるせぇー、いらねぇこと言うのはこの口だろ!?!」

「はひたひほほにひゃひひゃひゃへ!ほまへおほへとへほ!?!(やりたいようにやりやがって!お前覚えとけよ!?!)」

「おーい明良・・・と黒咲、ご戯れのところすみませんがいいもの持ってきたんだけど。」

雅斗の左頬を抓っていると、クラスの男子2人が俺等のところにくる。
確か、この前雅斗と話してるとこ見かけたことある・・・

俺は雅斗以外の男子とはいうほど仲良くはないから、どうやら雅斗に用があるらしく、俺は雅斗の頬を解放する。

俺に抓られたのが余程痛かったのか、雅斗は赤くなった左頬を擦っていた。
・・・俺を睨みながら・・・

捨てた女に罪悪感は感じないけど、こいつには罪悪感は感じてしまう・・・
付き合いが長いのもあるけど、こいつはキレさせたら厄介だからな・・・

「・・・いや、ごめん。なんかお前の笑いを見てるとつい・・・」

「響・・・ホント覚えとけよ・・・で、オレ等に何の用??」

雅斗は俺から寄ってきた2人の男子に視線を移す。

「あー・・・うん、実はさ、こういうの持ってんだけどお前も見る??」

そう言うと片方の男子が俺等にあるものを見せる。
それはケースに入ったDVD-RMだった。

「・・・何コレ・・・」

「AVだよ・・・」

雅斗が聞いたものはどうやらダビングしたAVらしい・・・
AVとか・・・

「えー・・・お前等未だにこんなもん見てんの??」

「そっそういう黒咲は見たことねぇーのかよ!?」

そんまもの見るほど悲しい男じゃないんでね・・・俺は・・・
心の中でAVを持ってきた男子を嘲笑ってしまう。

「・・・いや、だって俺・・・こんなんで抜く前に女とヤるから・・・」

俺がそう言うと、2人男子がすごい驚いた顔をして顔を合わせる。
いや・・・そこまで驚くほどこいつ等は悲しい男なのか・・・??

「うわぁー!!俺だってそんなカッコイイ台詞言ってみてー!!!!」

「黒咲!!お前を見てるとなんか知らねぇーけど僕等悲しくなるからちょっとしゃがんで!!俺らの視界から見えないようにして!!」

「おい・・・なんだよそれ・・・」

「だよなー・・・響なんか朝から早速屋上プレイだからなぁ・・・」

横からまた雅斗が笑顔でいらんことを言い出す・・・
また男子2人の俺を見る視線が痛くなる。

「なっ・・・そういうお前だって数学の由梨と付き合ってるじゃねーか!!」

「「なっ・・・!?!あの由梨ちゃんとー!?!?」

「・・・」

”数学の由梨”ってのは、この学校で指折りの美人で有名数学を担当してる新米教師の23歳の芥川由梨。
雅斗の今の彼女らしい・・・

教師と付き合うとはコイツも結構マニアックな・・・
どうやら秘密の危ない関係みたいなのがいいらしい・・・

「あーぁ、あれほどばらすなっって言ったのに・・・」

「お前がいらんこというからだろ!?・・・んで、まだ続いてるんだろ??」

「・・・お蔭様で・・・ね」

雅斗はそう言うとニヤリと不敵な笑みを浮かべる。

「・・・まぁ・・・それはいいとして・・・君達!!この事は絶対自分の胸の奥にだけ留めておけよ・・・」

雅斗はそう言いながら俺等の側にいた2人にすごい剣幕で詰め寄る。
今の雅斗にはゴジラ襲撃時のBGMがよく似合うと思う・・・

「・・・おっ、おう・・・」

「ならよろしい!」

「・・・あ、チャイム・・・」

チャイムが大音量で教室に響き渡る。

「・・・俺帰るわ・・・」

「えっ!?もう??」

俺の言葉に雅斗が瞳を大きくして驚く。
・・・別にそんなおおげさに驚かなくても、これが初めてってわけじゃないんだから・・・

「あぁ・・・んじゃぁ、そういうことで。」

俺は自分の席に掛けてあった鞄を手に取ると、さっさと教室から出て行く。

「おーい、響ー!!次2時間目だぜー!?」

ドアから雅斗が姿を現し、俺に大きな声で叫んでいる声を耳にしながら振り返りもせずに雅斗に手だけを振る。



学校は別に嫌いってわけじゃない。

勉強もいうほど苦手じゃない、テストの点数も多分いいほうだと思うし。

だけど、どうしてか馴染みにくい。
あぁいう賑やかな雰囲気がどうも性に合わない。

だから雅斗にも”一匹狼”とか言われてる・・・
そうかもしんねぇけど・・・

「に"ゃーーーー!!」

図太い猫の鳴き声が聞こえたような気がして、声が聞こえた方へと振り返ってみると、随分と太った猫がトーストを食べていた。

「・・・変な猫・・・」

またその猫の顔がどこか満足気だった。
ちょっと弄ってやろうかとその猫に手を伸ばした瞬間、猫はまた図太い声で一鳴きすると食べていたトーストを口に銜え、走り去っていってしまった。

「・・・あいつでぶの癖に走るのは早いなぁ・・・」

走り去っていく猫の後姿を見守り、ふと空を見上げる。
太陽の日差しが眩しくて、澄み切った青色が空に広がっている。

「なんかいいことあるかも・・・」

清々しい空の青さに少しいい気分に浸りながら・・・


その言葉とは裏腹に自分の運命が180度変わってしまった出会いが起きるとは、この時何も予想していなかった。

まさかこの出会いで初めて愛おしいと思える彼女と許されない罪深い恋愛するなんて一体誰のシナリオだったんだろうな・・・








他のオリジナル小説をご覧になりたい方は左のCATEGORY小説一覧からお入りくださいまし
(*´∀`*)ノ


http://pr3.cgiboy.com/S/4097416/
スポンサーサイト
comment:0  trackback:0  top↑
■コメント投稿フォーム


SUBJ 
NAME 
BLOG/HP 
PASS 
SERCLET[秘信の際はチェックBOXをONにしてね] 
OK? 
■エントリーNo.277「不倫恋愛中毒依存症①―3」のトラックバックアドレス
  http://mi1107.blog17.fc2.com/tb.php/277-d5fa95fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。