07' «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 09'
--'--(--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment  trackback  top↑
■コメント投稿フォーム


SUBJ 
NAME 
BLOG/HP 
PASS 
SERCLET[秘信の際はチェックBOXをONにしてね] 
OK? 
■エントリーNo.「スポンサーサイト」のトラックバックアドレス
  http://mi1107.blog17.fc2.com/tb.php/291-bdc7887c
04'02(Sun) 1日遅れのエイプリルフール小説:悲恋歌
1日遅れのエイプリルフール企画~悲恋歌編

人々の話しによれば4月1日の今日は”英腐里流風流”という人にいくらでも嘘をついていい日らしいい・・・

・・・というわけで僕も澪夜に嘘をついてみようと心掛けてみる・・・

「澪夜・・・」

「・・・はい、なんでしょうか??なんだか深刻そうな顔つきで・・・」

おっ・・・なんだか結構食いつきがいいな・・・
さぁ、ここから実行だ・・・

「実は・・・俺・・・父親に華族から離縁されてしまったんだ・・・」

「え・・・!?!」

僕の言葉に澪夜が愕然とした表情になる。
どうやら信じ切っているらしい。

よし、この調子で・・・

「そうなってしまったんだ・・・だから佐和子との婚約もきっと破棄されるだろうし、俺達の恋を邪魔する者はなにもなくなったんだよ・・・」

・・・なんだか少しキザすぎる台詞かな・・・
そう思いながら澪夜の頬を優しく撫でる。

澪夜はいまだ愕然とした表情だ・・・

「・・・そうなんですか・・・残念ですね・・・」

・・・ん?残念・・・??

「私、優駿様の”華族”という身分に惚れこんでいましたのに・・・」

「・・・!?!」

澪夜の言葉に我の耳を疑う。

「華族と遊女の周囲に罵倒されながらも貫いてゆく許されぬ身分差の恋というスリルが味わえないのかと思うと・・・残念でなりませんわ・・・」

こう言われてしまうと僕も嘘をついたことを後悔し始める。
それよりも澪夜の本心がそういうことだったことに肩を落とす。

「あの・・・」

僕が嘘を打ち明かそうとすると、いきなり澪夜が小さく絵美を零し始めた。

「・・・??」

「優駿様・・・その嘘はどうかと思いますよ・・・」

「え・・・!?!」

澪夜は笑みを漏らしながらに僕にそう言う。
・・・なんだ、最初っから僕の嘘に気付いていたのか・・・

「優駿様がそんな嘘言い出すものですから、私だって嘘付いちゃいました・・・」

あ・・・あれは嘘だったのか・・・
そう思うと、胸がそっと撫で下ろす。

「なんだ・・・あれは嘘だったのか・・・」

「フフッ、あのときの優駿様のビックリした顔といったら・・・」

澪夜はそう言うと笑いを堪えるように笑い出す。

「・・・そんなに笑うことないだろ・・・」

「スミマセン・・・でも・・・もし本当に優駿様が華族じゃなくなってしまっても私は優駿様を愛し続けますわ・・・」

「・・・澪夜・・・」

その言葉を聞くと、所構わず澪夜を抱きしめたくなってしまう。

「だって私、優駿様の端麗なお顔といつも私を激しく抱いて下さる身体が大好きなんですものw」

笑顔でそう言う澪夜に凍り付いてしまう。

なんだかショックが大きすぎて言葉も何も出ない。
澪夜の笑顔がこんなにも恐ろしく見えたのは初めてのような気がする・・・

「そんなにショックを受けなくても、もちろん嘘ですよ・・・ってあら・・・優駿様・・・??」



今の僕は、さっき言葉が嘘だったという澪夜の言葉も耳に届かず、あの言葉を真に受けたショックで固まっていてしまっていた。


優駿も澪夜の顔とないすばでぃな身体が目当てですw(違





他のオリジナル小説をご覧になりたい方は左のCATEGORY小説一覧からお入りくださいまし
(*´∀`*)ノ


http://pr3.cgiboy.com/S/4097416/
スポンサーサイト
comment:0  trackback:0  top↑
■コメント投稿フォーム


SUBJ 
NAME 
BLOG/HP 
PASS 
SERCLET[秘信の際はチェックBOXをONにしてね] 
OK? 
■エントリーNo.291「1日遅れのエイプリルフール小説:悲恋歌」のトラックバックアドレス
  http://mi1107.blog17.fc2.com/tb.php/291-bdc7887c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。