07' «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 09'
--'--(--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment  trackback  top↑
■コメント投稿フォーム


SUBJ 
NAME 
BLOG/HP 
PASS 
SERCLET[秘信の際はチェックBOXをONにしてね] 
OK? 

[1] はじめまして。【唯川湊サン*】 URL EDIT  top↑

こんにちは。
私も最近オリジナル小説のブログを始めました。
良かったら遊びに来てくださいね。
更新楽しみにしています。

[3] はじめまして【delta66サン*】 URL EDIT  top↑

はじめまして。delta66といいます。
何気にクリックしてみましたが、ダークな雰囲気がすごくいいですね。まだ始まったばかりのお話のようですが続きを楽しみにしてます。
それでは失礼します。
■エントリーNo.「スポンサーサイト」のトラックバックアドレス
  http://mi1107.blog17.fc2.com/tb.php/3-caf72698

[1] 誰かの独白Rewrite the Worldサン*】  top↑

ただ、もう1度彼女に会いたかったんだ。それが周りを苦しめることは知ってる。彼女だって、きっとそれを知ったら悲しく思うだろう。でも僕はただ、もう1度彼女に会いたかった。抱き締めてそのやわらかさや、甘いにおいや、あたたかさを感じたかった。その方法が、たとえ僕 .....
10'26(Wed) 偽りの悪魔~伝えられる昔話~
ねぇ、この森には伝えられてるお話があるんだって

少し昔、まだあなた達のママが子供だった頃

この森の奥にはひっそりとおおきなお屋敷がありました、

そこには優しくて美しい聖職者の少女がいました

ある日、その聖職者の前に1人の不思議な雰囲気の
キレイな少年が現れました。

1人身だという少年を優しい聖職者は屋敷に一緒に棲むよういいました

2人が惹かれあうには時間なんかかかりませんでした

やがて2人はお互い愛し合うようになっていきました

2人は大きなお屋敷で幸せに暮らしていました



幸せは確かに音を立てて崩れていきます

実はその少年は"悪魔"だったのです

少女は悩みました

自分は聖職者、本来ならば"悪魔"の少年を"浄化"しなければいけません

だけど少女は悩みました

少女は少年が"悪魔"でも本当に愛していました

だから少年を"浄化"して消すなどできません

少女は深く悩みました

気が狂ってしまうほどに・・・

ある日少女は自分の中にある少年との間に新しい命に気付きました

彼女はさらに悩みました

この子は産みたい・・・だけどこの子は"悪魔"の子

そして私は神に遣う身――・・・

そんな私は悪魔を愛してしまった・・・

それだけでも神様は許してくださらない

ましてや悪魔の子供まで・・・

私はどれだけ罪を犯したんだろう・・・

私は愛してはいけない人と愛し合ってしまった

神様は私を見捨ててしまった

もう嫌 何も考えたくない

何もいらない

全て捨ててしまいたい

全て捨ててしまおう

そう―――全て―――・・・

その日から少女はとうとう狂ってしまいました

そして何もかも捨ててしまいました

敬っていた神様も生まれてくるはずの子も

あんなに愛していた"悪魔"の少年も・・・

そして全てを捨てた聖職者の少女は神に背き魔女になりました

そして今も森の奥には少女のままの魔女がまだ棲んでいます

みんなその魔女の棲む森には近づきませんでした

みんなはその森に近づくと魔女に殺されると知っているからです

その森からは時々キレイな唄声が聞こえてきます

魔女の悲しい悲しい唄う声が・・・

森に棲む魔女にまつわる昔のお話


でもね・・・昔の話なんてあてになんかならないでしょう・・・??

真実なんて誰も知らないのだから・・・




他のオリジナル小説をご覧になりたい方は左のCATEGORYからお入りくださいまし(*´∀`*)ノ
スポンサーサイト
comment:2  trackback:1  top↑
■コメント投稿フォーム


SUBJ 
NAME 
BLOG/HP 
PASS 
SERCLET[秘信の際はチェックBOXをONにしてね] 
OK? 

[1] はじめまして。【唯川湊サン*】 URL EDIT  top↑

こんにちは。
私も最近オリジナル小説のブログを始めました。
良かったら遊びに来てくださいね。
更新楽しみにしています。

[3] はじめまして【delta66サン*】 URL EDIT  top↑

はじめまして。delta66といいます。
何気にクリックしてみましたが、ダークな雰囲気がすごくいいですね。まだ始まったばかりのお話のようですが続きを楽しみにしてます。
それでは失礼します。
■エントリーNo.3「偽りの悪魔~伝えられる昔話~」のトラックバックアドレス
  http://mi1107.blog17.fc2.com/tb.php/3-caf72698

[1] 誰かの独白Rewrite the Worldサン*】  top↑

ただ、もう1度彼女に会いたかったんだ。それが周りを苦しめることは知ってる。彼女だって、きっとそれを知ったら悲しく思うだろう。でも僕はただ、もう1度彼女に会いたかった。抱き締めてそのやわらかさや、甘いにおいや、あたたかさを感じたかった。その方法が、たとえ僕 .....
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。