05' «  123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 07'
--'--(--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment  trackback  top↑
■コメント投稿フォーム


SUBJ 
NAME 
BLOG/HP 
PASS 
SERCLET[秘信の際はチェックBOXをONにしてね] 
OK? 
■エントリーNo.「スポンサーサイト」のトラックバックアドレス
  http://mi1107.blog17.fc2.com/tb.php/48-1622bb53
11'13(Sun) 偽りの悪魔①―7
【・・・聖職者・・・ダト・・・??】

姉妹の父の口から繰り出される悪魔の声が静かに響く。

「・・・あぁ、今からお前を浄化する・・・」

そういうとクロスは鎖と繋がる十字架の形をした真っ白い剣をカチャッと音を鳴らした。

【・・・聖職者カァ・・・オ前達ハ不味クテ嫌いナンダガ、ドノ人間ヨリモ引キ裂キヨウガアッテ最高ダヨ!!】

悪魔はそう言うと、父の姿から異形のモノの形へと変化させる。

その姿は瞳孔が開ききっており、背には大きな蝙蝠が持つ羽、口からは氷柱のように鋭く尖った歯と次々に床へと滴り落ちる唾液を向き出しにさせ、異様な程の掌と足、またそこから痛々しく見せる爪が生えている。

まさにこの世のものとは思えない姿だった。

「ぅ・・・や、嫌ァ・・・」

リサは父の身体がこんなにも醜いバケモノになっていく様を涙を溢れ出しながら見ていた。

【ヤッパリオレハ、コッチの姿ノ方ガイケケテ好キダ・・・ソレニコンナニモ軽々ト動ケルゾ・・・トッ!!!!!】

悪魔はそう言うとクロスの方へと飛び込み、クロスまであと数センチ近くというところで右手で拳を作り凄いスピードでクロスの方へと突き出してくる。

しかしクロスはフラッと悪魔の繰り出してきた拳を意図も簡単に交わしてしまう。

悪魔はクロスに攻撃しようと速めたスピードの制御が出来なかったのかそのまま壁にドゴッと音を立ててクロスに決めるはずのパンチを決めてしまった。

【オイオイ、避ケルトハ聞イテナカッタゼェ・・・】

悪魔はそう言うと壁に思いっきり減り込んでしまった巨大な右手をガラッと外すと右手首をブンブンと何回か振った。

「お前の程度はその位か?所詮はE級から成り上がりたてのD級だな・・・」

クロスは悪魔を馬鹿にしたような口を叩くとフッと笑う。

【・・・馬鹿ニシタヨウ態度トリヤガッテ・・・殺ス!潰シテヤル!!】

悪魔はクロスの挑発に乗るといきなり耳の鼓膜が破れそうなほどの叫び声を上げながら手をシュッと上げ勢いよくクロスの頭上に手を振り下ろす。と同時にドーンという地響きにも似た音が広い屋敷に大きく響き、悪魔の周辺に煙のようなものが立ち込める

「・・・クロス様・・・クロス様ぁぁああぁ!!」

リサはクロスの生存を確かめるかのようにクロスの名を叫ぶ。

「リサさん・・・大丈夫だよ・・・」

するとリサの目の前にあのまま気を失っているアリスを重たそうに背負うアイリスがいた。アイリスは背負っているアリスをリサの横へ寝かすとすくっと立ち上がる。

リサはえっ・・・??とアイリスの方を見上げると、アイリスはリサにニッコリと笑う。

「まだまだだよ・・・??これからが1番の見所なんだから・・・」

アイリスはリサにそう言い聞かせると煙が立ち込めるところを強い眼差しで見据える。

【クク・・・アーアー潰レチャッタ?オレノ事悪ク言ウカラコンナコトニナルンダヨー自業自得ジャン】

悪魔はクククと笑いながら自分の振り下ろした手の先を見ていた。

「誰が潰れたんだ??」

悪魔はハッと後ろから声が聞こえたのに気付き、振り返ろうとした瞬間ザンッという音と共に悪魔の右腕は胴体から切り離され、そこからは大量の夥しいほどの赤黒い液体が血のようにボタボタと勢いよく流れてくる。

【グァアァァァアアアァァア!!キ・貴様一体何ヲスル!!】

悪魔が向けた視線の先では顔に少量の悪魔の赤黒い血が付いたクロスが顔とはまた違い悪魔の血が大量に付着している真っ白く、鎖がついてる十字架の剣を真っ直ぐに構えていた姿があった。

「私もお前に遣られっ放しじゃダメだろ・・・??」

そう言うとクロスは冷たい微笑を悪魔に向ける。

【クッソォ!嘗メヤガッテ!!】

悪魔は今すぐにでも攻撃したい所だがクロスに右腕を斬られたため痛みが身体中を駆け巡りそれ処ではなかった。

そしてクロスがその隙をついて悪魔に攻撃しようとしたその瞬間・・・

「待って・・・待って下さい!!」

突然後ろからリサの大きな声が聞こえた。



他のオリジナル小説をご覧になりたい方は左のCATEGORYからお入りくださいまし(*´∀`*)ノ




スポンサーサイト
comment:0  trackback:0  top↑
■コメント投稿フォーム


SUBJ 
NAME 
BLOG/HP 
PASS 
SERCLET[秘信の際はチェックBOXをONにしてね] 
OK? 
■エントリーNo.48「偽りの悪魔①―7」のトラックバックアドレス
  http://mi1107.blog17.fc2.com/tb.php/48-1622bb53
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。