09' «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 11'
--'--(--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment  trackback  top↑
■コメント投稿フォーム


SUBJ 
NAME 
BLOG/HP 
PASS 
SERCLET[秘信の際はチェックBOXをONにしてね] 
OK? 
■エントリーNo.「スポンサーサイト」のトラックバックアドレス
  http://mi1107.blog17.fc2.com/tb.php/57-254cfa12
11'16(Wed) Misfortune Shop's
私はこれからが楽しみで仕方なかった。

だって・・・私を捨てて幸せを見せ付けていたあの憎たらしい彼が不幸のどん底に突き落とされるなんて・・・

そんな事思うだけで愉快だった。

・・・こんな思いができるのもあの時のあいつのおかげかしら・・・??

「・・・ではあなたに不幸をお売りいたしましょう。その代金にあなたの寿命の3分の1を頂きますが宜しいですか??」

ルクスはそう言うとまた得意の笑顔を私に見せる。
こいつ元がすごい美少年だから笑うと凄く可愛いい・・・
じゃなくて!
寿命の3分の1が代金??何それ!?!

「ねぇ・・・なんだか知らないんだけどそれだけで良いのかしら??お金とかはいいの?」

「えぇ、代金は一切要りません。ですが契約が成ると同時にあなたの寿命の3分の1はいただきますが。」

「・・・ならいいわよ。自分の寿命なんか知らないし3分の1ぐらい別にどうでもいいわよ。」

私は寿命が何年縮もうが妙なお金払わなくて済むと思うとすごく気が楽になった。

「そうですか・・・愛琉!」

私がそう言うとルクスは深刻そうな顔をしてから、凄く美人でまだ10代半ばぐらいと若すぎる奥さんの愛琉って人の名前を呼ぶとその人はその声に反応すると部屋にある本棚から1枚の書類みたいな紙を取り出してルクスに渡している。

「有難う・・・」

ルクスは美人の奥さんからその紙を受け取ると私の目の前で奥さんに軽いキスをした。
・・・私の事知ってんだったら目のイチャついてるんじゃないわよ・・・
私はそんな2人を睨みつけていた。
ルクスは私の2人を見る鋭い視線に気付いたのか小さく私に謝ってきた。

「・・・では、コレにあなたの名前だけ書いて下さいしてください。」

ルクスに真っ白な紙を渡されるとポケットの中に差してあったボールペンを取り出して真っ白な紙に自分の名前を書き終わるとルクスに紙を渡す。

「ではあなたに不幸をお売り致しました。」

ルクスは私が自分の名前を書いた紙をしばらく眺めてニッコリ笑うと、手品の様に手に持っている紙をボッと燃やした。

私は突然の事に茫然としているとルクスが私に天使のような微笑を向けて

「契約は完了したので、これであなたにはちゃんと不幸をお売り致しましたが1つだけ守っていただきたいことがあるんですが・・・」

私は口を濁らすルクスを早く言いなさいよ、と言って急かす。
私こうやって焦らされるのって嫌いなのよね。

「絶対、ほんの一瞬でも不幸に堕とす相手に"同情"や"後悔"を抱かないようにして下さい・・・これを破ると大変なことになりますよ・・・??」

「はぁ?私が不幸を望んでる奴にそんな感情抱くと思うの?冗談じゃないわよ!」

私はルクスの言葉に高を括るとルクスは「貴方は大丈夫そうだ」と苦笑した。

「早速明日から貴方が憎む相手は不幸に堕とし入られますが、あなたはそれを見て嘲笑っているだけでいいんですから・・・」

「・・・明日からが楽しみねぇ・・・今日はもう帰るわ!!」

私はそう思うと顔から自然と笑みが毀れてきた。

「なら君を連れてきたその黒猫にまた連いて行って下さい。そうすれば帰れるでしょう。」

ルクスがそう言うと私の目の前にあの黒猫が現れて私の先を軽々と歩いていく。

「フフ・・・明日からが楽しみねぇ・・・」

私はそう言い残すとこの馬鹿でかい洋館から去って行った。

―――――――――

「・・・あの人は失敗しないだろうか・・・」

「・・・さぁ私には分からないわ・・・だけどその方が楽しめるんじゃない?」

「あぁ、あの人間がどうなるか今後が楽しみだな。人間が抱く感情なんか薄汚いものばかりだね・・・」

妖しく満月が輝く光だけが入ってくる部屋の中、男の子と少女の笑い声が響いていた・・・
スポンサーサイト
comment:0  trackback:0  top↑
■コメント投稿フォーム


SUBJ 
NAME 
BLOG/HP 
PASS 
SERCLET[秘信の際はチェックBOXをONにしてね] 
OK? 
■エントリーNo.57「Misfortune Shop's」のトラックバックアドレス
  http://mi1107.blog17.fc2.com/tb.php/57-254cfa12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。